アーロンチェア(リマスタード)

家のグレードに見合った家具が必要(アーロンチェアを買った)

今日は仕事で使う椅子の事について書きたいと思います。

ちょうど10年位前に、あまりお金がなかったけど、仕事でやる気を出すために自分の人生の中では1番高い子を買った。

その椅子は、エルゴヒューマンという椅子で当時80,000円か90,000円くらいしていたように思う。

今までは、10,000円位の椅子をずっと使っていたので、それに比べるとものすごく快適で、体の使い方も全然違った。

何より1番良かったのは、座面とか背中の部分がメッシュになっているので、通気性が良くて長時間座っていても全く蒸れないということだ。

今までは多分合成だと思うけど皮のようなものが貼ってある椅子を使っていたので、通気性がほぼ全くなくずっと座っているとお尻の部分や背中の部分汗をかいてきて、すごく蒸れて不快な感じがしていた。

私のような1日中ずっと椅子に座ってパソコンを触っているような仕事をしている人の場合、仕事道具であるパソコンは大事なのはもちろん、机とか椅子とか言うその付属のアイテムもすごく大事だということに気づいた。

私の場合はパソコンと、大量の文章を毎日打つことになるのでそのために大事なキーボードにはものすごくお金をかけていたけれども、椅子の部分にはそれほどお金をかけていなかった。

でも、エルゴヒューマンを買ってからは、椅子と机と言うのも作業効率を上げるために極めて重要であるということに気付いた。

そんな大事な私の椅子が、ついに壊れてしまった。

椅子ないと全く仕事にならないので、何とかお金をかけずに自分で終了して直そうとしたけど、どうしても無理だと言うことに途中で気づいて、新しい椅子を買う事にした。

エルゴヒューマンの高さを調節するためのシリンダーの部分のガスが抜けているようで、高さの調節が全くできなくなったのである。

なんとか無理矢理自分の力で椅子の高さを押し上げても、座っていると自分の体重でだんだん下のほうに下がっていって、結局1番下まで高さが下がってしまって、机とパソコンの高さに、自分の椅子の高さが全く合わない状態だったので、全く仕事にならないのでやむを得ず新しい椅子を買うことにしたのである。

いろんな椅子をネット調べて、評判の良いものに大体目星をつけて、近くにある大塚家具の店舗に行っていろんな椅子に実際に座ってみた。

その中で自分が気に入ったのは、ドイツのウィルクハ-ンというメーカーが作っている椅子と、アメリカのハーマンミラーと言う会社が作っているアーロンチェアと言うものだった。

個人的にはドイツのウィルクハーンの方が気にいったのだけれども、値段がかなり高かった。

他方でアーロンチェアはネットでの評判では耐久性がすごくいいと言うことと、ちょうど新作のリマスタードというバージョンが発売されたばかりだったこともあって、結局アーロンチェアを買った。

ウィルクハーンの椅子に比べるとアーロンチェアは少し安かったけれども、それでも200,000円弱位の値段だったので、前に使っていたエルゴヒューマンの椅子がちょうど二台買える椅子となってしまった。

椅子が届いてからちょうど1ヶ月ぐらい座っているけれども確かに腰の疲れが全くなくて、体に本当にピタッとフィットする独特の快適さがあって、個人的にはすごく満足してるし買って良かったと思っている。

この高い椅子の出費を取り戻せるだけの仕事をするために頑張ろうと思う。

家やオフィスにも関連するけど、それなりの家やオフィスがあれば、それに見合った家具や調度品が必要になるからそれも合わせて全体の予算を立てないといけないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です